きなこ

バストアップのための食べ物はこれ!

バストアップをするには、女性ホルモンを刺激する必要があります。
女性ホルモンはバストマッサージによって促されることもありますが、食事によっても分泌がよくなることがわかっています。

そもそもバストアップとはどのような仕組みなのでしょうか?
バストのほとんどは脂肪でできています。この脂肪がどうやって増えるのかというと乳腺を守ろうとすると脂肪が増えます。
つまり乳腺の発達によって、バストに脂肪量が決まるのです。
乳腺の発達には女性ホルモンが影響しています。

では、乳腺を発達させるにはどうしたら良いのでしょうか?
女性ホルモンを刺激する食品を摂取するようにしましょう。

①ボロンを含む食品を摂取する。
ボロンは女性ホルモンのエストロゲンの分泌を良くする効果がある成分です。
ボロンガ多く含まれているのは、キャベツが代表的です。
熱を加えても効果は薄れません。

②大豆イソフラボンを含む食品を摂取する
女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを含んでいます。
大豆製品はバストアップに大事な食品です。
きなこ、納豆、豆腐など。

上記の成分と合わせて摂取したいのが「たんぱく質」です。
たんぱく質は人間の三大栄養素の一つですし、脂肪や筋肉をつくるにのに必要な成分です。
たんぱく質も摂取することで、相乗効果でバストアップにつながります。
様々なバストアップ法がありますので、自分に合うものをみつけてみましょう。